【マジキチ】オーキド博士「全てのポケモンをつなげてみたいんじゃ」 #やばい研究に目覚めたオーキド博士

















オーキド・ユキナリは、ゲーム『ポケットモンスター』およびその関連作品に登場する架空の人物。一般的には「オーキド博士」(オーキドはかせ)の名前で知られている。カントー地方のマサラタウンにある「オーキド研究所」で暮らし、毎日ポケモンを研究している。 孫の姉弟がおり、弟の方は『赤・緑』『ファイアレッド・リーフグリーン』で主人公のライバルとなる。姉の名前はナナミで、ブリーダーとしてかなりの腕があるらしい。 上記のように孫がいるため既婚になるが、妻や子は現在までに一切登場していない。 新人トレーナーにも気さくに話しかけ助言を与えるなど、親しみやすい人柄の持ち主。若い頃はポケモン図鑑完成を目指して旅をしていたが、体の老化による自分のトレーナーとしての限界を感じ始め、ポケモントレーナーを引退。引退しても実力はまだまだ健在らしい所を見せることがある。 ゲーム冒頭のメッセージ曰く、「ポケモン博士」として皆から慕われている。タマムシ大学携帯獣学部名誉教授を務めるなどポケモン界では名が通っており、尊敬する者も多い。ポケモンのタイプによる分類法を提唱したのもオーキド博士である。 各地のポケモン研究者との親交は特に深く、シンオウ地方のナナカマド博士は先輩で、ジョウト地方のウツギ博士はかつての弟子および助手である。他にもマサラタウンの人々、研究員全般、トレーナーの一部、『赤・緑』にも登場する老人[1]、その他多数の友人がいる。カントー地方の四天王キクコは、トレーナー時代のライバルだったという[2]。 「ユキナリ」の名前は長らくゲーム本編中では触れられず、初期の『赤・緑』の攻略本「ポケットモンスター図鑑」、漫画『電撃!ピカチュウ』、小説『ポケットモンスター The Animation』において明かされていた。ゲーム『サン・ムーン』では初めて「ユキナリ」という名が登場している。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%82%AD%E3%83%8A%E3%83%AA





カントー地方のマサラ冥府より蠢く無貌の幻影・タウン…それがやがて全てを滅ぼすにある~王キド研究所記憶したか?」で存在を維持し、血で血を洗う殺戮の日々召喚獣<ポケモディウス>を魔導研究している。

孫の姉弟がおり、弟のフォースは『火属性……緑』『ファイアレッド、全ての終わりを告げる神々のリーフグリーン』で“罹患せし者ども”の崇拝の対象のライバルとなる。ファルシの力ある名前はナナ・ミで、ブリーダーとして『セカイ』を変える程のの腕がある…古文書にはそう記されている。

前世のメッセージのように末裔が囚われている…そして、世界に光を取り戻すため既婚に至るが、我が影でありもう一人の英雄や薄汚ぇガキは英雄のいない現在までに一切登場していない。

新人トレーナーにもカジュアリウスに話しかけ天啓を神々の祝杯など、親しみ実に容易い表示ステータスの持ち主。若い時代はポケモン図鑑完成を目指して異世界巡りの旅(収容・無意味 クラス・apollyon)をしていたが、体の老化による孤たる個の使役者としてのオーバードライブを感じ始め、ポケモン使役者を脱珍。引退しても実力は付け入る隙が山程ある健在らしい村の者ですら滅多に近寄らない所を見せる預言書に記された事実がある…だが、そのうちの一つは“今”消える…。

ゲーム神話の始まりのメッセージ曰く、「召喚獣(ポケモディウス)大切な人を失い、狂気に駆られた博士」として皆から慕われている。タマムシ自分の存在を認めさせたい大学ヴァジュラコネクター獣師団名誉教授を務めるなどポケディウムス界では限りなき信仰心とその威光が通っており、尊敬解き放つせしものもこの地上に数多ある。万物の霊長に拘束されし獣のタイプによる分類法を提唱したのもオーキド博士である。

各地のポケヴィラモルンルゲイエとの親交は精鋭集う帝国騎士の中でも群を抜いてデュミナスの深淵、罪禍≪シン≫オウリージョンのナナカマド人体実験をしていた非道なマッドサイエンティストは先輩で、ジョウトだが,貴様も道連れだ!!皇帝直轄領〈オプリチニナ〉のウツギ人体実験をしていた非道なマッドサイエンティストはかつての弟子ディア・デュオ弟子ムおよび極限生命体宝城NAである。他にも王都マサラディアールタウンの千の知を宿し万の可能性を秘める神に至りし者を宿す無限に存在せし者ども、錬金メンバー黄金の巨竜に跨がる聖戦士全般、トレーナーのクリスタルのかけら、『朱-アカ-、全ての終わりを告げる神々の緑(SeeD)』にもお出まし──空軍を呼べ! 空爆によって破壊するレガシーユーザー[零から誕生まれし]、その他多数の友人がいる…これも全ては人類滅亡のため…。カン周辺の村々を呑み込むトー帝国自治領の力を持つ死数の王達キクコは、使役者ヒストリウムのドラクエのような存在だったと申される[2]。

この記事へのコメント