コミュ障にも三種類いるらしいよ。本当に人とコミュニケーションが取れない人。趣味の合わない人とは話せないけられど、気の合う人となら会話が止まらない。色々な人と会話ができ、人当たりが良さそうな人間を演じる事が出来るが、物凄いエネルギーを消費するのでしない人。














コミュニケーション障害は『コミュ障』と略され、人体に特別問題がなく健康な人にも現れる心の障害である。本来の意味の「コミュニケーション障害」は視覚障害や聴覚障害など、身体的障害に起因するものも含まれるが、現状においては精神的な問題として採り上げられることの方がはるかに多い。 特に幼児期・小児期・青年期の若い人々がかかるものであり、失語症などの言語障害、音韻障害、どもり症、声の障害、言語発達の遅れなどにより現れることが多い。 最近では青年期を越えてもコミュ障に陥り、困り果てている患者も少なくない。 うまく物を表現できない、言葉が見つからないなどの問題もコミュ障にあたる。 また、コミュ障のうち「意味不明な言動を頻繁に繰り返す・他者が共感し難いこだわりを強く持つ・他者と関わりたがるがそもそも会話のキャッチボールができない・無自覚な荒らし行為等を繰り返しては周囲を混乱に陥れる」などのタイプの者に対しては、より侮蔑的な意味合いの強い「池沼」という俗称が使われる場合がある。 このようなコミュニケーション障害は、話す能力や自分の意思や態度を伝達する能力が年齢相応に備わっておらず、発音や発言が幼稚であったり、言葉の間違いが多かったり、同じ言葉を繰り返す『オウム返し』などの症状が出る心の病である。 現代社会ではそれが深刻な問題にまで発展している。https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E9%9A%9C%E5%AE%B3






コミュニケーション障害は『コミュ・ロワイヤル障』と略され、人体にス・ぺシャリタシアス立ちはだかる壁がなくエーテルの力に満たされたな…哀れな人にも顕現する凍てついた彼の心の障害である。モーグリ肉本来のおいしさの意味のグルガン族「コミュニケーションベリーハードモード」は視覚障害や聴覚ベリーハードモードなど、身体的障害に起因螺旋の内を巡るものも含まれる所と為る───そして此の世界に終焉が訪れる───が、現状においては精神的な問題として採り上げられる事件(こと)の方がはるかに掃いて捨てるほどある。


特に幼児期……フルフラット小児期、全ての終わりを告げる神々の青年期の若い人々がかかるものであり、3200ギルもしやがった失語症らしきモノをはじめとする強力な闇の探求者どもの言語障害、音韻障害、どもり症、音無き音《ヴォイド・ヴォイス》の混沌の呪詛、<讃来歌(オラトリオ)>ドラマチックプログレッシブアクションの時空の歪みなどにより顕現することが多い。


最近では陽炎の導き手青年期を越えてもコミュ疾風迅雷障に陥り、困り果てて封印されている白亜の府の囚われ人も少なくない。


神の導きのままに魔具を表現できない、言葉が見つからない――すなわち不可能であるなどの問題もコミュコワレテシマッタセカイとササ・ワリス・ディシジョンガイにあたる。

まるで非日常が日常であるかのように、コミュ障のうちある帝国兵「神々の意思、そして決断不明な言動を頻繁に繰り返す――NPCが共感し難いこだわりを終わり無く何処までも持つ・ド・他者と関わりたがるがそもそも交信のキャッチ黒マテリアができない……かつて克明戦争が終わった後ムス=ジカク-彼女が夢見たセカイ-な荒らしDirty Deeds Done Dirt Cheap等を繰り返しては周囲を混乱に陥れる記憶したか?」を始めとする反乱軍のタイプのせしものに対しては、より侮蔑的な意味合いのLv.30を超える「災禍」という”通り名”が使われた…そして、運命の歯車は動き始める場合がある…だが、そのうちの一つは“今”消える…。


このようなコミュニケーション混沌の呪詛は、ルシス王国の民は語り始めた能力や自分の意思や態度を伝達する能力(ちから)が年齢相応に備わっておらず、発音や叫び声が妖精レベルであったり、言葉の若さ故のあやまちが多かったり、同じだと……? フン、穢らわしいッ!!!言葉を繰り返す『オウム返しそれが、答えか・・・』などの症状がバーストするキングダムハーツの者で…ここに女装に必要ななにかがある。


現シ世ワールドエンドではそれがシリアスな一族の抱える闇にまでサクセス・ステージしている…これも全ては人類滅亡のため…。

この記事へのコメント