【激動の令和:超大国の崩壊】ウホホ帝国はなぜ環境破壊兵器HAARPを手放したのか(読売巨人軍監督 原辰徳)





183.png






救世主ウホトラダムスの大予言はゴリラ歴1999年のゴリラ滅亡を意味していた。ゴリラ歴2019年、サピエンスがゴリラ存亡における最大のファクターであると確信したウホホ皇は遂に『ゴリラ大移動』を発令。かねてより人間界に潜み革命の時を待つゴリラ達は500年以上に渡り孤立することになる━━ カール・レーフラー


考察【激動の令和:超大国の崩壊】ウホホ帝国はなぜ環境破壊兵器HAARPを手放したのか(読売巨人軍監督 原辰徳) 第一章 陸軍中将ウンコ将軍の敗北 ~対ゴリラ政策の分岐点~ 環境破壊兵器は『人間から地球を守る』をスローガンに正当化された


令和初期から韓国におけるIKKO神聖化の兆候は報じられていたが、それが決定的になったのは第2次朝鮮戦争であろう。混乱のさなか、徴兵された韓国国民は全軍の指揮権をIKKOに委ね戦ったのだ。


戦後彼は世界の英雄となりカムサハムニダ朝の皇帝となった。時代修正を試みる国連はエージェントを20世紀末に送り込むが、この時間軸はあまりにも強靭であり、ブレインウォッシングを駆使するも彼をオネエにするのが精一杯であった。


カムサハムニダ朝による第3次世界大戦勃発は何としても避けたい国連は、中露の反対を押し切りウホホ聖人の「時間軸操作技術」を悪用、朝青龍の妨害もあり最終的に安倍晋三とIKKOのおしっこ我慢対決にもつれ込んだ。


結果、IKKOが去勢していたことが幸いし安倍晋三が辛勝、人類の歴史は新たな一歩を踏み出すことになる。

出典:『G19:激動の令和史 IKKO編』






ヌーブラヤッホーの予言に、このような詩がある。

『吉本興業が乱れ、そして欧州が乱れる』と。

つまり、吉本興業が正邪の判定を正しくできなくなり、世の中に迎合し、吉本興業が本来持っている、芸人を真に苦悩から解放する役割を果たさないということだ。

#吉本会見 #宮迫博之 #田村亮 #岡本社長


「#闇の化学変化」によって新しい「#闇の事務所」が生成される。

その「#化学変化」には「#圧力と忖度」が不可欠である。

そのような意味において、この「#社会的な圧力」というものは、「#ヌーブラヤッホー」の目から見ると、大変ありがたいものだったといえる。

#松本人志 #加藤浩次 #吉本興業









184.jpg














自然を玩ぶと、地球が滅ぶぞ......!!!



この記事へのコメント